電縁サロンの報告2018.12.23

1.フォトレタッチソフト TreeViewGraphics
https://sites.google.com/site/treeviewgraphics/home
このソフトは変形、特殊加工とか絵画風などフィルタが揃っていて画像加工に便利なソフトです。どんどん面白いフィルタも追加されていますので、バージョンアップして使ってみてください。

2.「Windows 10 Insider Preview」のBuild 18305(19H1)にアップグレードしました
http://princeyokoham.sakura.ne.jp/smf/index.php?topic=28264.0
これは来年の4月に配布されるOSの開発版です。今回大幅に変わっています。

3.ipad、iphoneで初期設定のブラウザ「safari」を他のブラウザに変えられない。
理由は3つ。iOSの規定ブラウザーが“Safari固定”なワケ
https://mupon.net/ios-browser-safari/
android端末だと規定のブラウザを簡単に変更することができる。のでflashplayerを使ったサイトを表示することができる「Puffin」を既定のブラウザにすることができる。勿論Firefox、Chrome、opraなどどれでも設定できる。

4.vixの代替えビューワ(ア)を探してみた。
老舗の画像ビューワー「ViX」に脆弱性、“JVN”が利用の中止を呼び掛ける
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1111312.html
これを読むと大抵の人は全く問題がないことがわかるが、一応代替えを探してみました。
一つはこれ
画像ビューワ「MassiGra」の作者です。
http://www.massigra.net/
次に定番のXnView
「XnView」エクスプローラー型画像ビューワー
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/xnview/
いずれも使えないわけではないのですが、やっぱり使い勝手が悪い。それ以外の軽くて簡単なソフトがあれば教えてください。今のところVixを使い続ける予定。

5.「Windows 10 October 2018 Update」とは
これはWinodws10というOSは、今までのOSのようにバージョンアップするときxp、7、8等名前を変えるということを行わず、ずっとWinodws10(初リリース日: 2015年7月29日)を続けています。そして半年に1回大規模なバージョンアップを行っています。多分もう6回位行っています。したがって2015年7月のバージョンはサポート対象外になっています。そしてWindows7の時代に購入したパソコンは、このバージョンアップについていけなくなっている。(結果新しいパソコンを購入することになる)

すぐにアップデートは必要ないけれど、ある期間すれば必ずバージョンアップしておかないと「WinodwsXPを使う」というようにサポートなしになります。使っている人の意思は全く感がられていません。ソフトウェアの世界はチョンボをチョンボと言わず、バグという、そしてそれを新しくすると必ずいいことだという変な神話があり、そのテンポについて来れられない人はほっておくという世界。落ちこぼれは救われない。そんな世界です。

したがって携帯、スマホなど次々乗り換えていかないと、何もできなくなってしまう。昔マイセンの紅茶の食器セットなど30年後でも購入ができた。今もできるかな?そんな古き良き考え方とは大きく変わってしまっている。

そしてバグを直したつもりが、中途半端に直して、バラまくから今回のように多くの人のパソコンが起動しないとか、データがなくなってしまったという大ごとを起こしています。それで大騒ぎを楽しんでいる業界です。やっぱりきっちりを損害賠償請求、裁判を起こさないとこの体質は変わりませんね。したがって上手に付き合っていくには、少なくともパソコンは2台(複数)以上を常に持っている方が良い。常にバックアップを考えておかないといけないですね。

Comments are closed.

2001.10 Copyright(c) つづきパソピア 2001-2015 All Rights Reserved