「Windows 10 October 2018 Update」してみました。

「Windows 10 October 2018 Update」してみました。
http://pasopia.velvet.jp/nota2/nota/?20181003171553

「メディア作成ツール」をダウンロードしてきて、インストールメディアを作成し、インストールしてみました。Windows 10 October 2018 UpdateのisoファイルをダウンロードしてLhaplusで解凍をして、setup.exeをダブルクリックするとインストールが始まる。約45分ほどでUpdateは問題もなく完了しました。ディスクトップパソコンで、SDDでこんな時間、HDDのノートパソコンはまだやっていないけれどかなり掛かりそうです。ざっと調べてまただけですが、特に問題なく動いています。起動が出来ないようなアプリケーションはありません。

WN801V2-BK(マウスコンピューター8インチタブレット)をアップデートしました。

WN801V2-BK(マウスコンピューター8インチタブレット)をアップデートしました。

32bit 8インチタブレット(Windows10)元はWinsows8.0を8.1、10、半年毎のupdateに対応してきた。今回「Windows 10 October 2018 Update」を行った。このタブレットは32GBのMMCなので、そのままタブレットにダウンロードしてインストールするためには容量不足になってしまう。もっともアプリケーションソフトなどを削除して、クリーンインストールならば出来る。でもそれは後が大変、いままで使っていたアプリケーション、データを入れ直さないといけない。
ということで、アプリケーション、データをそのまま残してupdateを行うことにした。そこでMMCの容量不足を助けるために、インストール用Windows 10ソフトを別のパソコンでダウンロードして、USBにコピーする。そして8インチタブレットのUSB接続用コードを使って、USBを接続、そしてsetup.exeをダブルクリックで本来はupdateをしてくれるはずだった。ところが途中まではなんとか旨くいっていたが、途中で1%進むのに2時間位、その後2%になるのは待てなかった。そこで強制終了。その後立ち上げると、前のバージョンで立ち上がる。何回か繰り返したが、updateできない。

そこで、設定→セキュリティ→Windows updateを使ってupdateを試みた。これはWindows updateがサイトからソフトウェアをダウンロードして、インストールする機能。ただしそのままだとMMCの容量不足で進まなくなるので、空のUSB(16GB)を外部に接続しておく。updateの途中で、容量を調べるところで、外部メモリ、10GB以上と指示してくるので、メモリチェックボタンをおして16GBあることを確認する。その後は順調にupdateが出来たはず。

実はそのままにして寝てしまった。起きてみると、Edgeが起動して「Windows 10 October 2018 Update」ということを示している。成功かと思いきや、画面タッチで動かすことが出来ない。画面のタッチ機能は使えない。仕方ないので、USBにマウスを接続してみた。マウスは正常に動く。いろいろ調査してみると、画面タッチ機能は駄目、音声ドライバーが無くなっていて音が出ない。 Bluetoothマウスが動かない(これは後で判ったが、電池切れ)

とドライバー関係が無くなってしまっている。しかたがないので「Driver Booster 6」をインストールしてドライバーのバージョンアップ、ないもののインストールを行ってみた。でもやっぱり旨くいかない。そこでマウスコンピューターサイトへいってドライバーをダウンロードして4つの内、2つをインストールした。これで画面タッチ、音声は回復した。

簡単に済むと思っていたが、1日がかりの仕事になってしまった。原因はよくわからないが、やっぱりMMCの容量不足が招いていると思う。次はもう少しスマートにいきたいもの。
でも段々、古いマシン(Windows7、8,8.1)などはWindows10の進化について行かないものが出てくると思う。特にドライバーなどは無理なものがでてきそうです。したがって、半年毎の「Windows 10 October 2018 Update」のようなUpdateに付き合うマシンは比較的新しいものにした方が良いかもしれない。問題なく動いているのなら、特にバージョンを上げる必要はないかもしれない。

気象データ(風・雨・雷)

リンクや引用がサクサク行えるFirefox、Chrome拡張機能について

リンクや引用がサクサク行えるFirefox、Chrome拡張機能について

Firefox拡張機能「Format Link」
http://pasopia.velvet.jp/nota2/nota/?20180926192723

ブロガー御用達! リンクや引用がサクサク行えるFirefox拡張機能「Format Link」
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/1098956.html

Format Link
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/format-link3/

ホームページを見ていると、そのページのタイトル、URLをコピーして、メール、てきすとえでぃたなどに貼り付けて再利用したい場合がある。そんな時に便利なFirefoxのアドオンです。該当ページの上で右クリックすると「Format Link」のタグが開のでat text等をクリックして、エディタ等に貼り付ける。するとテキスト形式でタイトル、その下にURLが表示される。
Chrome拡張「Create Link」
http://pasopia.velvet.jp/nota2/nota/?20180926193732
ちなみにGoogle Chrome用にも同様のアドオン(Chrome拡張「Create Link」)があります。
ブログ記事の作成支援Chrome拡張「Create Link」の設定例まとめ

ブログ記事の作成支援Chrome拡張「Create Link」の設定例まとめ


URLコピーツールのCreate Linkが便利なのでぜひ使ってほしい

URLコピーツールのCreate Linkが便利なのでぜひ使ってほしい

コピーして貼り付けた時、「タイトルとURLの間を改行する」場合の書式
%text%%newline%%url%

今のところ、Internet Explorer、edgeにはこんな便利なアドオンは見つからない。

「Office 365 Solo」のインストール台数が無制限に

1.「簡単デジカメ写真整理」デジカメ写真を撮影日時ごとにフォルダー分け
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/photoorganize/
フォルダなどを自由に作り、操作できる人には不要ですが、不得意な人で写真を整理したい人向けのソフトウェアです。(フォルダを構造を覚えるよりは楽かな)

2.「Office 365 Solo」のインストール台数が無制限に ~日本でも10月2日から適用
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1144796.html
office2019ももうすぐリリースされますが、「Office 365 Solo」も当然office2019の機能も追加されます。月900円でインストール台数無制限、同時起動は6台までとか、これならば格安で使えるのではないでしょうか?

3.スクラッチをはじめよう | ワイワイプログラミング
https://www.nhk.or.jp/school/programming/start/play.html
子供たちにソフトウェアを教えることになっていますが、これもそんな教材の一つです。年寄りでも判る。プログラミング(これは部品を配置する事が主になっている)のまねごとが判ります。
4.Google Chrome(64bit版)v69.0.3497.100バージョンが上がってどうしてもFLASHが動かなくなった。調査中。
5.Firefox(Firefox Quantum)(64bit版)v62.0.2バージョンが上がって突然、固まって動かない。アドオン等を削除してもだめ。結果32bit版に変更したら今のところ動いている。
Google Chrome、Firefoxが原因かWindows10のアップデートが原因か?原因はよくわからない。

6.荏田南5丁目の曼珠沙華2018 on PhotoPeach – Fresh slideshows to go!
https://photopeach.com/album/8225up

2001.10 Copyright(c) つづきパソピア 2001-2015 All Rights Reserved